人気の古民家風物件

近年、郊外や地方などで注目をあびているのが古民家風の物件です。

大分市でも郊外を中心にいくつかの物件が供給されるようになりました。

古民家風物件の多くは、若い世代の人々が都会で暮らすようになり、その後を継ぐ人がいなくなった住宅です。

都心に比べると敷地・建物ともに面積が広く、比較的安い料金で購入できたきり、借りることができます。

ただし、建物が古いことから、メンテナンスが必要となります。

また密閉性が低いことから、場所によっては冬になると低温になり、暖房代がかさむといったデメリットもあります。

一方、やはり街中で住みたいという方も多くいらっしゃいます。

最近では本体はもちろん、税金や維持費が高くつくことから乗用車を持たない人が増えてきました。

その一方で増えているのが自転車やバイクの利用者です。

自転車の場合は駐輪場の整備も進んでその利便性も高まっていますが、盲点なのはバイク置き場がないところが多いということです。

特にマンションの駐輪場にバイク(バイクのページ)を置くことができない場合があります。

バイク利用者の方は、必ずチェックするようにしましょう。

マンションなど賃貸の物件を選ぶ際、チェックしたいのが入居特典です。

近年では不動産の供給が需要を上まわることが多いことから、様々な特典が用意されています。

引越し業者の利用割引、家電や家具の購入割引などの他、連帯保証人が不要な場合や、仲介手数料が割引されることもあります。

こうした特典をうまく利用して、ぜひお得な物件を見つけてください。