耐震・免震・制震構造、どれがいい?

賃貸マンションを選ぶときのひとつの基準として築年数がありますが、耐震構造基準が変わった1981年の前か後かというのはポイントのひとつでしょう。

1981年以降の場合、耐震構造としては問題と判断しますが、最近ではあわせて「免震構造(免震構造のページ)」という言葉を耳にするようになりました。

「耐震構造」と「免震構造」にはどのような違いがあるのでしょか?

「耐震構造」が建物の柱や梁などそれ自体が地震に耐える強度で作られている構造であるのに対して、「免震構造」とは、建物と地盤との間に積層ゴムなどの装置をつけることで地震の揺れを建物に直接的に伝えないように構造のことをいいます。

近年ではさらに、振動軽減装置を壁や柱などに設置することで建物の揺れを吸収する「制震構造」という構造も広がっています。

建物それ自体の地震への安全性という意味ではいずれも問題はなく、法律的にもクリアしていますが、室内の破損という視点からは耐震よりも免震や制震の方が優れているようです。

しかし、耐震に比べて免震や制震の構造はコストがかかることから、まだまだ普及していません。

ただし高層マンションの場合は耐震ではなく、免震や制震構造が採用されています。

ここで気をつけたいのは、高層マンションの場合は建物への影響を和らげるためによく揺れる構造になっていることです。

地震のときはもちろんですが、少しの風でも揺れるため、苦手な人にはおすすめできません。

安全性を優先して判断することはもちろんですが、建物の特徴やそれぞれの好みなどによっても、どの構造が採用されている建物がいいのか、よく検討するようにしてください。